社長業を息子に引き継がせたいと考えていますが、留意することは何かありますか?

社長としての心構えや経営・マネジメントに関する知識等がないまま、いきなり社長業をやることになったというのでは、社長業は務まらないと考えられます。事前準備が大切であるというのは、事業承継に限らず、どんなことにも当てはまります。

先日、「会社を清算したい」といい始めた社長がいます。その理由は、息子を後継者として10年以上前に事業承継を行いましたが、その息子が不意に会社を辞めて、家を出てしまったからということでした。社長は、高齢になって後継者もいませんから、そろそろ会社を清算して引退したいと話していました。
息子が会社に入ったことによって、社長は大幅に給料を下げて、事業の引き継ぎを行っていましたが、息子は、入社後すぐに社長業への対応を求められたことや、会社経営に対する責任感に、耐えられなくなってしまったようです。
現社長が会長に、後継者(息子等)が社長になり、現社長が完全に現役を退いてしまう前に後継者に対して社長業を教える事例が、最近、多くなっています。これはとてもいいことだということができ、現社長は会長でも代表権のある会長になると、さらにいいと思われます。
社長としての心構えや経営・マネジメントに関する知識等がないまま、いきなり社長業をやることになったというのでは、社長業は務まらないと考えられます。事前準備が大切であるというのは、事業承継に限らず、どんなことにも当てはまります。急ぐことなく、じっくりと人の承継を行うのも、方法の一つであるといえるでしょう。