会社を継がせるのは、男性の方が有利なのでしょうか?

男性の方が有利だと、一概に断言することはできません。女性がきめ細やかさ等を活かして社会で
活躍する例も数多くありますので、女性を会社経営の後継者とすることも選択肢に加えてみましょう。

最近、ある会社の社長から聞いた話では、後継者がいないから会社を清算するということでした。
長男が会社を継いだ後に、挫折してしまい、既に引退していた社長が再度経営に戻ったものの、後継者が見つからないために、ついに会社を清算するというわけです。 その社長によると、会社を清算するときに従業員を解雇するのが大変つらかったとのことでした。
会社は男が継ぐのが当然だという考え方は、近年、崩れつつあります。会社を継がせるのは長男で
はなく長女にしたいという社長や、実際に一人娘の長女に会社を継がせた社長もいます。社長になった一人娘に話を聞くと、大変ですがやりがいがあり、女性経営者の集まりに参加すること等によって人間関係が広がったとのことでした。
 社長の娘に会社を継がせる場合には、社長がすぐに会社を退職するのではなく、自分を代表権のあ
る会長に、娘を代表権のある社長にすることが多いようです。いきなり単独で代表権を付与されるに
は、社長として娘が未熟である可能性や、従業員が反発する可能性も否めません。一方、社長が代表
権のある会長になると、近くにいて娘に対して社長としての教育を行うことも可能です。したがって、
社長が代表権のある会長に就任するのは、とても有益だと思われます。
 女性の社会進出が多くなっている現状には、一般的に女性は男性より、きめ細やかな対応ができ
ことや肝が据わっていることが影響しているのかもしれません。社長が会社経営の後継者を検討する
際には、男性のみならず、女性も後継者の候補に加えてみるといいでしょう。